小児歯科なら犬山市の小島歯科医院へ

診療時間
0568-62-7288
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 歯ぎしり
  • スポーツマウスガード

小児歯科

小児歯科

小さい頃から正しい歯磨きの方法を覚えましょう

毎日きちんと歯磨きをしていても、磨き残しが多く自分に合っていない磨き方だと、虫歯や歯周病になってしまいます。
大人になってから虫歯や歯周病で大変な思いをさせないためにも、小さい頃から正しい歯磨きの方法を覚えさせましょう。
また、子供は一度「痛い」「怖い」思いをしてしまうと、歯医者に通ってくれなくなります。
当院では、無理に口を開けさせたりせず、お子さんのペースに合わせた治療を行うようにしています。

お子さんの歯を虫歯から守ろう

  • 1

    ブラッシング指導

    虫歯予防の基本となります。まずは歯医者に慣れてもらうためにもブラッシングの練習をすることから始めます。保護者の方も一緒に学びましょう。

  • 2

    フッ素塗布

    歯の表面にフッ素を塗ると、表面が硬い結晶になり虫歯の原因の酸に対しての抵抗力が強くなります。3~4ヶ月に1回の頻度で行うことをおすすめします。

  • 3

    シーラント

    特に虫歯になりやすい奥歯の溝の部分を薬で埋めてしまう方法です。6歳前後のお子さんに有効です。お口の中の状態によって定期的に行う必要があります。

当院はフッ素塗布にイオンを導入しています

イオン導入器でフッ素をイオン化させることにより、通常のフッ素塗布に比べ歯に吸収されやすく、長期間効果が持続します。むし歯予防に効果を発揮し、ただ単にフッ素を塗る方法に比べ、より効率的にフッ素を吸収させることができます。
また、通常では取り込まれにくい歯牙にも効果的に取り込むことができます。

妊産婦検診

先端レーザーによる短時間治療で
妊娠性歯肉炎・歯周炎の予防と改善

妊娠すると、ホルモンバランスの変化により、口腔内環境が悪くなります。また、つわりなど体調の変化により毎日きちんと歯磨きができなるなる方もいらっしゃいますので、妊娠中はとても虫歯や歯周病になりやすいです。
母親に虫歯菌や歯周病菌が多いと、赤ちゃんにも感染(母子感染)してしまいますので、妊娠中に妊産婦健診を受けて、虫歯や歯周病菌がいる場合はすぐに治療し、赤ちゃんに感染しないようにしましょう。
当院では、先端レーザーにより短い治療時間で歯肉にやさしい妊娠性歯肉炎及び歯周炎の予防と改善をしています。

診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 歯ぎしり
  • スポーツマウスガード
  • 採用情報