歯ぎしり改善なら犬山市の小島歯科医院へ

診療時間
0568-62-7288
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 歯ぎしり
  • スポーツマウスガード

歯ぎしり

歯ぎしり

歯ぎしりは睡眠を妨げるだけではありません

朝起きた時に歯や顎が痛い、頭や体が疲れているなどの症状がある場合は、寝ている間に歯ぎしりをしている可能性があります。
歯ぎしりによる歯にかかる負担は物を咬む時の数倍と言われていますので、歯周病が進む原因になったり、顎関節症になったりと様々な影響を与えます。
当院では、噛み合わせの調整やマウスピースを使用した歯ぎしりの治療も行っていますのでお気軽にご相談ください。

歯ぎしりセルフチェックリスト

  • 朝起きたら歯や顎が痛くなっていることが多い
  • 激しいスポーツを行っていないのに歯がすり減っている
  • 日頃集中している時に気付いたら食いしばっていることがある
  • 歯の被せ物や詰め物がとれやすい
  • 冷たいものがしみる
  • 歯磨きの時に出血することが多い
  • 朝起きると首や肩が凝っていることが多い

歯ぎしりの原因と治療方法

歯ぎしりの主な原因

  • ストレス

    歯ぎしりの原因で一番多いと考えられているのがストレスです。肩こりになるのと同じで、ストレスによる緊張で口周辺の筋肉がこわばり起こります。

  • 日中に無意識で行っている癖が寝ている時にもでることがあります。
    集中する時などに強く噛む癖がある人は注意が必要です。

  • 噛み合わせ

    若いうちは歯並びが悪くても、骨や筋肉が柔らかいので大きな影響はありませんが、年齢とともに硬くなってくると、歯並びの悪さを補うことができずに起ることがあります。

治療方法

マウスピースによる治療

取り外し可能なマウスピース(ナイトガード)を睡眠時に装着することで、歯ぎしりによる歯のすり減りや顎の痛み、筋肉の緊張によるこわばりなど、歯への悪影響を軽減させます。
当院では、ハードタイプとソフトタイプの両方を取り扱っていますので、患者さま一人ひとりのお口に合ったマウスピースをご提案しています。

診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 歯ぎしり
  • スポーツマウスガード
  • 採用情報